ITの世界に身を置きながら、未だによくわからないものの1つにツイッターがあります。
ウチの会社の若手も休憩中にちょいちょいやっているのを見かけるんですが、正直何が楽しいのかが今ひとつ理解できません。
私が歳をとった証拠なのかもしれませんけどね…orz
若手曰く「リアルタイムで反応を見られるからやりがいがある」「近況報告なんかにもよく使う」ということですが、それもよくわからないんですよね…。

LINEならわかります。メール代わりに使っていますし、アレ読んだかどうか分かるのがいいですね。確実に伝わっているかどうかがわかる。
Facebookもわかります。個人的にブログに代わるものだという風に認識しています。
実際似たようなもんですよね?他の機能については正直よくわかりませんが(笑)

「情報を発信する」という点ではまあ理解はできるのですが、そんな毎日何回もやるほどやりがいのあるものなのかなぁ…?
どうでもいい他人の、どうでもいいプライベートを見ることに何の意味があるのだろう、と思ってしまうのです。
こんなこと言ってたらツイッター好きな方には怒られそうですけどね。

まあぶっちゃけた所、SNSが乱立しているような気がして正直辟易している、という感じでしょうか。
それに機能を絞って、それこそ公的サービスでやれば犯罪も防げるだろうに、などと考えたりもします。
ま、時代の流れについて行きづらくなっている中年のぼやきってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です