今の若者達を見ていて、ふっと気になることがあります。
この子たちは、もし携帯電話がなかったら今頃どうなっているんだろう?というたらればの話なんですけどね。

私が学生の頃はちょうどポケベル、PHS、ケータイへの過渡期だったんですけど、当時はPHSやケータイなんて高嶺の花でしたからせいぜいベル程度。
大学生になってから初めてPHSやケータイを持ったんですが、それまではそれこそ遊びの約束や好きな子に電話するのまで、色々と工夫をこらして連絡を取りあったものです。

しかし今はIT技術の進歩のおかげで、スマートフォンというモバイル並の機能を持った電話や、LINEやツイッターのようなSNSの台頭でわかるように、連絡手段のバリエーションは格段に増えていますよね。
しかし逆に、便利になりすぎたせいで視野が狭くなってしまっているんじゃないのかな、という気がします。

というのも、先日コンビニでたむろしている若者がいたのですが、友達に連絡しようとしてケータイの電池が切れていることに気がつき、非常に残念そうにしていたことがありまして。その時は一緒にいた友人が連絡を取ったようでしたが、彼が座り込んでいた場所のすぐ隣には公衆電話があったんですよね…

すぐ横に連絡手段はあるというのに、自分のケータイにしか考えが及んでいない、ということがそこでわかるのですが、何と言いましょうか、便利になりすぎるのも考えものだなあ、と思った一幕でした。
ま、もっとも私もケータイないと困るんですけどね(笑)
フリーでエンジニアしているので、スマホがないと厳しいものがあります。
最近ちょくちょく利用しているのがこのサイト。⇒「PHP経験者必見!東京求人事情
良い案件が見つかるまで片時もスマホを離せません。人のこと言えないなぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>